Paddling Glove & Pogie(パドリング グローブ & ポギー)

今日は 二十四節気の一つ「小寒」、“寒の入り”ですね
暦の上でもこれから大寒までは 最も寒さの厳しい季節です

冬のパドリングは天候さえ許せば、水の透明度も上がり、空気も凛として
他の季節には無い清々しさがあります

しかし 冬型の気圧配置で荒れる海、降雪で凍てつく冷たい川の流れ
そして北風が吹き 雪や雨が降るとなると過酷なコンディションへと変貌します

特に水に触れる機会の多い手先の寒さ対策は
快適なパドリングをするうえで重要な要素となります

そこで 今回のWEB STORE BLOGでは
グローブとポギーにスポットをあてたいと思います

ポギーはパドルのシャフトにベルクロテープで取り付け、その中に手を入れて使用するタイプです  イメージとしては蕎麦屋さんやピザの宅配のバイクのハンドル部分に取り付けてあるハンドカバーに似ていますね  パドルのシャフトを直接 素手で握ることになりますので指先の感覚を大事にするパドラーには人気があります

そしてパドリンググローブ
パドルを使用しない休憩時や上陸時にも保温できる利点があるものの、シャフトを握る感覚が鈍るという意見もあるので賛否両論ではありますね

SCOOP OUT WEB STOREでは冬用の手先防寒対策として
SEALS Breathable Pogie(シールズ ブリーザブル ポギー)、NRS Manbas(エヌアールエス マンバス)、NRS Crew Glove(エヌアールエス クルーグローブ)をご用意しています

SEALS Breathable Pogieは、3層の防水透湿素材を使用したナイロン素材のポギーです

3層の防水透湿素材を使用しているので、従来のナイロン素材のポギーにありがちだったフニャフニャとしたものとは違い素材自体に「コシ」があります

また甲部分には芯材となる補強が縦に入っているので立体感のある形状を保ち、手の出し入れも非常に容易です
開口部はバンジーコードで調節する事が出来ます  そしてなによりもデザインがスタイリッシュですね

個人的には関東以南の冬場のシーカヤックツーリングにはこのナイロン素材のポギーで十分保温が可能だと思っています

先日の東京湾横断の際にも気温が5度以下の中、このポギーは大活躍してくれました

コンパクトにしまう事ができるので、カヤックのデッキバックやエキストラハッチに忍ばしておくのに最適です
またこの収納性の高さはフォールディングカヤックのツーリングにも適していますね

SEALS Breathable Nylon Pogies
Color:Black
Size:Free

次にNRS Manbas
こちらはネオプレーンタイプのポギーになります より寒さの厳しい地域でのシーカヤックツーリング、冬場や春先のホワイトウォーターに最適です

このNRSのポギーが優れている点は、パドリングの際に一番風のあたる拳の部分に、風を通すジャージ素材では無く、防風性の高いスキン素材のネオプレーンを使用している点です

またこのネオプレーンにはチタニウムがラミネートされており、他のメーカーの商品より保温効果が高くなっています
開口部はパイピング処理が施され、手の出し入れは非常に容易です

また手首部分には表裏にスナップボタンが4つ付いており状況によって折り返して使う事もできます

寒がりなパドラーには特にお勧めです

NRS Manbas
Color : Gray
Size:Free

そしてNRS Crew Glove
こちらはポギーではなく、パドリングローブですね
個人的にグローブはやはりシャフトを握る感覚が鈍ると思っていたので、私も去年まではポギーばかり使用していましたが、今シーズンはこのCrew Gloveを使用しています

で、感想はというと、、、アリですね
手のひら部分にはゼブラ状に滑り止め加工が施されていて、この加工がまさに絶妙で、程よくグリップし、滑らかにフェザーリングの動きに追従してくれるのです

そして、ポギーよりもパドリンググローブが有利な点は、出廷準備や上陸する際、後片付けの際にも手先を保温可能な点、怪我から手を守る事が出来る点
特に冬場のパドリングは経験上、指先の怪我が多いので指先を守れるグローブはお勧めです

あ、それともう一点有効なのは、寒さからとめどもなく垂れてくる鼻水を人に見られる前に直ぐさま拭く事が出来る点ですかね これって意外と大事な事だと思います(笑)

何よりも高機能でありながらコストパフォーマンスが優れています

NRS Crew Glove
Color : Gray/Black
Size : XS / S / M / L / XL

というわけで、この冬はNRS Crew Gloveで冬場のツーリングをこなそうと思います

もちろん更に極寒の状況下では、ポギーの下にパドリンググローブを装着すれば無敵です

皆さん、身体の末端を保温して冬場のフィールドで快適なパドリングを楽しみましょう!

FROM SCOOP OUT WEB STORE


投稿日:2011年01月06日

コメント(1)

  1. SCOOP OUT WEB STORE NEWS » Kokatat Tempest Jacket (コーカタット テンペストジャケット)

    [...] パドルを握る手の保温に関しては以前のWEB STORE BLOGで紹介していますが 今回は特に頭部の保温について・・・ [...]