SUPPORT PADDLER “結城 レポート” Vol.31”

SCOOP OUTでLEVEL SIX Wearをサポートしている結城さんから
「日置川ダウンリバー」のレポートが届きました

結城さんのプロフィールはこちらから!

*************************

梅雨の恩恵でたっぷりと水を蓄えた和歌山にダウンリバーを楽しみに行ってきました。
目指したのは、なかなか水が出ない日置川。
奈良県は千丈山を源とし、関西のリゾート地、白浜で太平洋に注ぎ込みます。
水量さえ当たれば、落差のある日置川ミドルコース、ビックウォーター系の日置川ロウアーコース、
支流の安川と3本もダウンリバーが楽しめ、その総距離は20kmオーバー、1日中ダウンリバーを堪能できます。


まずは、水の引きが早い安川から。増水しても水の濁らない素敵な川です。
うっすらと川面にかかる霧が幻想的で癒されます。


癒されてばかりではないのが安川のいいところ、適度にパンチの利いた瀬を準備して我々を楽しませてくれます。


強い緑を発する盛夏の山と梅雨の力で増水した笹濁りの川が織りなす素晴らしい景色の中をダウンリバー。
ほんと贅沢な瞬間です。


一転、ザ・増水といった様子の日置川ミドルコース。
安川とは異なり、広い川一面にできた力強い流れを満喫できます。


巨岩系のミドルコースは時折、川幅が狭まり、水の流れが集まります。
こういったセクションが数か所あり、めちゃめちゃテンションが上がります↑↑。


ミドルコースの核心部。コース中一番の落差です。


ある梅雨の日、ビックウォーター系のロウア―コースを自撮りしながら進んでいると
突然、ドロップに出会いました。


自撮りに夢中でブーフできなかった私は、ドロップの大きなお口にパクリゴックン。


写真9:もぐもぐ、もぐもぐ、もぐもぐ、もぐもぐ・・・・。


ペッ、ドロップのお口に合わなかったのか、吐き出されたおかげで、
無事にお家に帰ることができましたとさ。おしまい。

*************************

今回 結城さんが着用している LEVEL SIX Wearに関してはこちらから詳細をチェック!

家庭とカヤックをバランス良く両立しながらアグレッシブなパドリングライフを続ける結城さん。こちらで活動の様子を随時紹介していきますのでお楽しみに!

※結城さんの活動は下記のサイトからでもご覧頂けます

縦横無尽プロダクション
http://www.juoumujin.com/

投稿日:2016年07月20日

コメントを受け付けておりません。